ネット上にある誹謗中傷のメッセージを削除してもらうことは有効か?

掲示板によって削除依頼のルールが異なっている

インターネット上のサイトで誹謗中傷された場合、その文章を削除してもらうという対応方法があります。では、この対応はどれぐらい有効なのでしょうか。たとえば、掲示板に誹謗中傷の書き込みをされてしまった場合ですが、その掲示板の運営者に削除を依頼することになります。一番理想的なのは、削除依頼を出したら、すぐに運営者が応じてくれるという流れですが、すんなりいかないケースも少なくありません。というのは掲示板によって削除依頼のルールがいろいろとあるからです。

ルールを守らないと依頼に応じてくれないことも

たとえば、掲示板運営者のメールアドレスを探し出して、そこに「誹謗中傷をされたので、該当する書き込みを削除してほしい」というメールを送ったとしても、「削除依頼の窓口は別にあるので、そこに連絡してほしい」と返されることがあります。また、正しいルートで削除依頼を出したとしても、「書式が違うから」あるいは「あなたが指摘した書き込みは誹謗中傷とは認められないから」といった理由で、削除依頼を拒否されてしまうこともあります。

専門家を通して依頼を出すと効果的

では、依頼を出しても運営者が削除してくれなかった場合はどうすればいいのかというと、一つの方法として、専門家を通じて再度依頼を出すという方法があります。たとえば、ネットの誹謗中傷対策を行う会社に頼む、あるいは弁護士に依頼をするというものです。もちろん、お金はかかりますが、本気で削除してほしいと考えるのであればベストの方法といえるでしょう。ただ、匿名掲示板の場合、その内容を丸ごとコピーして公開するサイトが存在するので、誹謗中傷の文章もあちこちに拡散されます。なので、最初に誹謗中傷が書き込まれた掲示板にのみ削除依頼を出すか、あるいはその内容をコピーしているサイトすべてに出すか、考えないといけません。

ネット誹謗中傷の対策を立てたい時には、インターネットに詳しい法律の専門家に相談を持ち掛けることが大事です。